• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新国立工事費「過少申告」が発覚…見積もりは“黒塗り”だらけ

 なるほど、見積もりをオープンにできなかったわけだ。新国立競技場の建設問題で、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)が基本設計の概算工事費を過少に見積もって公表していた。7日の毎日新聞が、関係者の証言に基づき、明らかにした。

 JSCは昨年5月、概算工事費を1625億円と発表。設計会社側は基本設計の作業で約3000億円と試算したが、JSC側は「国家プロジェクトだから予算は後で何とかなる」と取り合わなかったという。1625億円は、実際には調達できないような資材単価を用いるなどして過少に見積もった金額だったというのだ。

 基本設計発表の半年前の13年末、財務省と文科省は総工費を1625億円とすることで合意。JSCは「政府部内で調整を経た概算工事費を超えないよう基本設計を進めた」と毎日の取材に説明しており、この「上限」に合わせて数字をゴマカした可能性がある。毎日の記事は「文科省の担当者が上限内で収まるよう指示したのではないか」と文科省幹部の指摘を紹介していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る