新国立工事費「過少申告」が発覚…見積もりは“黒塗り”だらけ

公開日:  更新日:

 なるほど、見積もりをオープンにできなかったわけだ。新国立競技場の建設問題で、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)が基本設計の概算工事費を過少に見積もって公表していた。7日の毎日新聞が、関係者の証言に基づき、明らかにした。

 JSCは昨年5月、概算工事費を1625億円と発表。設計会社側は基本設計の作業で約3000億円と試算したが、JSC側は「国家プロジェクトだから予算は後で何とかなる」と取り合わなかったという。1625億円は、実際には調達できないような資材単価を用いるなどして過少に見積もった金額だったというのだ。

 基本設計発表の半年前の13年末、財務省と文科省は総工費を1625億円とすることで合意。JSCは「政府部内で調整を経た概算工事費を超えないよう基本設計を進めた」と毎日の取材に説明しており、この「上限」に合わせて数字をゴマカした可能性がある。毎日の記事は「文科省の担当者が上限内で収まるよう指示したのではないか」と文科省幹部の指摘を紹介していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る