新国立工事費「過少申告」が発覚…見積もりは“黒塗り”だらけ

公開日: 更新日:

 なるほど、見積もりをオープンにできなかったわけだ。新国立競技場の建設問題で、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)が基本設計の概算工事費を過少に見積もって公表していた。7日の毎日新聞が、関係者の証言に基づき、明らかにした。

 JSCは昨年5月、概算工事費を1625億円と発表。設計会社側は基本設計の作業で約3000億円と試算したが、JSC側は「国家プロジェクトだから予算は後で何とかなる」と取り合わなかったという。1625億円は、実際には調達できないような資材単価を用いるなどして過少に見積もった金額だったというのだ。

 基本設計発表の半年前の13年末、財務省と文科省は総工費を1625億円とすることで合意。JSCは「政府部内で調整を経た概算工事費を超えないよう基本設計を進めた」と毎日の取材に説明しており、この「上限」に合わせて数字をゴマカした可能性がある。毎日の記事は「文科省の担当者が上限内で収まるよう指示したのではないか」と文科省幹部の指摘を紹介していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  2. 2

    相次ぐ噴火で火山灰蓄積…“災害級”冷夏の到来を専門家が指摘

  3. 3

    やはり“首相案件”「毎月勤労統計」賃金カサ上げのシナリオ

  4. 4

    良好な経済指標ズラリ 民主党政権は本当に“悪夢”だったか

  5. 5

    安倍首相イージス・アショア導入は「自宅から通えるから」

  6. 6

    嘘とごまかしだらけ…安倍化した日本はかなり劣化した

  7. 7

    結果が出る前に…安倍政権は沖縄県民投票“ガン無視”モード

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    陸自の特殊作戦群の創始者が語る「武」を放棄した国の哀れ

  10. 10

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

もっと見る