糾弾された翌日に重機ズラリ…JSC165億円ビル“既成事実化”

公開日:  更新日:

 もう後戻りできない──。そんな既成事実化を疑われるようなタイミングである。建設地の近隣住民はこう言った。

「更地にした後はズッと鳴りを潜めていたのに、7月28日の朝になって、いきなり工事用クレーン車が数台現場に並んでいたので驚きました。何となく大急ぎで工事を始めた印象です」

 前日(7月27日)、民主党の「東京オリンピック・パラリンピックに係る公共事業再検討本部」は、国会内でJSCと関係省庁の幹部を呼び、新国立競技場の見直し状況を確認した。

「安倍首相の白紙撤回表明後も、何をどこまで白紙に戻すのか、誰も把握していない。撤回の指示がなければ、契約済みの工事は計画通り進める、と開き直った態度です」(再検討本部事務局長の玉木雄一郎衆院議員)

 その場で「白紙に戻すべき」と糾弾されたのが、JSCの豪華本部建設計画だ。地下2階・地上16階建て、高さ72メートルの本部ビルの総工費は約165億円。今年6月30日に、新国立の建設費高騰騒動のドサクサに紛れて、準大手ゼネコン「安藤ハザマ」と建設契約を結んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る