• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪エンブレム 佐野氏を悩ませる「盗用常習」の不名誉な称号

「デザイナーとしてモノをパクることは一切ございません!」――。問題発覚から1週間余り。ようやく公の場に現れた“時の人”はしばしば声を強めて、盗用疑惑を必死で否定した。

 東京五輪のエンブレムがベルギーのリエージュ劇場のロゴと似ている問題で、5日、エンブレムを制作したアートディレクターの佐野研二郎氏(43)が、都内で釈明会見。アルファベットの「T」と円を組み合わせ、正方形を9分割してデザインした過程を説明しながら、「盗用の指摘はまったくの事実無根」と訴えた。

 予定時間の2倍に及ぶ約1時間の猛反論に、詰めかけた報道陣からも「偶然の一致かも」という感想が漏れたが、ネット上は佐野氏の釈明後も心ない中傷であふれている。見過ごせないのは「過去の作品も盗用しているんじゃないのか?」という指摘だ。その数も1つや2つでなく、「パクリの常習性」を検証する“まとめサイト”が、いくつも立ち上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る