周辺ビル解体、下水道工事…新国立「隠れ支出435億円」の放漫

公開日:  更新日:

 建設計画が白紙撤回になった新国立競技場問題で、周辺ビルの建て替え工事などの費用として、いまだに約435億円の契約がそのままになっていることが分かった。10日の参院予算委員会で民主党の蓮舫議員の質問で明らかになった。こうした工事について、政府は計画続行を明言。このままでは、国民の税金がまたも無駄遣いされてしまう。

 新国立を巡っては、すでに国内外の設計業者らと結んだ契約のうち、約62億円が回収不能に陥っている。きのうの委員会でも、下村文科相が事実を認め、安倍首相も謝罪した。

 しかし、安倍政権はさらに、無駄に無駄を重ねようとしている。

 回収不能の62億円に加え、建設見直しの検討中(7月9日)に大成建設などと契約したスタンド部分の工事額などが約57億円。さらに周辺ビルの工事など、今もなお契約が“続行されている”ものが約320億円もある。すべてをトータルすると、新国立には、現段階で435億円ものカネが投じられているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る