撮影、封鎖、鉄柵…デモ“過剰防衛”の警視庁に弁護士ら抗議

公開日:  更新日:

 安保法制に反対し抗議デモを行っている大学生グループ「SEALDs」などの団体や弁護士が14日、国会周辺の警備があまりに過剰だとして、警視庁に抗議を申し入れた。

 団体が主に問題視しているのは7月24日に行われた7万人規模のデモ。鉄柵で参加者の列を分断したり、鉄柵を囲む形で“スペース”を作り、その中に入れないようにした。これにより、抗議スペースが著しく狭くなり、参加者を圧迫したという。

 ほかにも、歩道内に警官を立ち並べて警備を行い、外からデモの様子が見えないようにしたという。国会正門前交差点の横断歩道を閉鎖したため、参加者と警察の間で小競り合いが頻発。逮捕者が出る事態にまで発展した。

 団体によると、国会周辺での抗議活動は2012年から行われてきたが、こうした過剰警備は異例だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る