安保法案の陰に隠れ…「残業代ゼロ法案」コッソリ復活画策中

公開日: 更新日:

 安保法案の陰で悪法が復活しそうだ。先月29日、政府は「残業代ゼロ」制度や裁量労働制の対象拡大を盛り込んだ「労働基準法改正案」の今国会での成立を断念したと報じられた。ところが、この報道を“誤報”と断じる政界関係者はこう続ける。

安倍政権は安保法案への悪影響を考え、一度は“残業代ゼロ法案”を取り下げました。しかし、決してあきらめたわけではない。来月上旬から中旬に採決されるとみられる安保法案の陰に隠れて、今国会での『審議入り』を画策しています。今国会が延長した関係で、今秋の臨時国会の会期は1カ月程度。今のうちに審議入りしなければ、審議時間不足で成立させることができません。臨時国会での成立を逃せば、審議は来年の通常国会に持ち越されます。世論の反発を招けば、直後に控える参院選への影響は計り知れない。何が何でも今国会で審議入りさせるつもりです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る