• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開祖ガンジーまねた成功例も 「ハンガーストライキ」古今東西

 安保法案に反対する学生が参議院議員会館前で行ったハンガーストライキは、開始から148時間でドクターストップがかかり終了した。国民はいろんな形で違憲法案の成立を阻もうと声を上げているが、安倍政権はすべて無視して参院で採決を強行する構えだ。残念ながら学生の思いは伝わらないかもしれないが、世界を見渡せば、ハンストが世の中を変えている。

 ハンストの開祖は、“インド独立の父”マハトマ・ガンジーだといわれている。ハンストでイギリスから独立できたわけではないが、非暴力・不服従の独立運動を広める要因にはなった。

 今年6月には、ベネズエラの野党指導者が議会選挙の実施を求めて獄中でハンスト。実際に選挙実施までこぎつけた。日本でも1992年に、佐川急便疑惑に関して青島幸男がハンスト、その後の金丸信逮捕につながっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る