開祖ガンジーまねた成功例も 「ハンガーストライキ」古今東西

公開日:  更新日:

 安保法案に反対する学生が参議院議員会館前で行ったハンガーストライキは、開始から148時間でドクターストップがかかり終了した。国民はいろんな形で違憲法案の成立を阻もうと声を上げているが、安倍政権はすべて無視して参院で採決を強行する構えだ。残念ながら学生の思いは伝わらないかもしれないが、世界を見渡せば、ハンストが世の中を変えている。

 ハンストの開祖は、“インド独立の父”マハトマ・ガンジーだといわれている。ハンストでイギリスから独立できたわけではないが、非暴力・不服従の独立運動を広める要因にはなった。

 今年6月には、ベネズエラの野党指導者が議会選挙の実施を求めて獄中でハンスト。実際に選挙実施までこぎつけた。日本でも1992年に、佐川急便疑惑に関して青島幸男がハンスト、その後の金丸信逮捕につながっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る