中朝国境地帯で拘束 脱北者男性の“スパイ”らしからぬ私生活

公開日: 更新日:

 中国で日本人男性2人が「スパイ容疑」で拘束された事件は、いまだ謎に包まれている。5月に遼寧省の中朝国境付近で拘束されたA氏(50代男性)は、脱北者で日本国籍を持つというが、自宅を訪ねると、スパイらしからぬ“極めて普通”の暮らしぶりが見えてきた。

 A氏の自宅は神奈川県大和市の国道沿いの大型マンション。築19年で一室の分譲価格は3000万円前後だ。住民のひとりは「ファミリー世帯が多い」と話し、辺りは子供たちの遊ぶ声に包まれる。平和そのものだ。

「Aさんは、顔を合わせれば明るく挨拶してくれるし、とても温厚な方です。数カ月前から姿を見かけませんが、同年代の奥さんと20代のお子さんはいらっしゃるようです。10年ほど前に引っ越してきた際に、ご自身が朝鮮系の帰化人であることを話していました。ご職業は分かりませんが、カジュアルなジャケットを羽織り朝早く出かけていく姿をよく見かけました」(マンション管理人)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る