渋谷駅は800人厳戒態勢…10・31「ハロウィーン」テロの脅威

公開日:  更新日:

 31日が本番のハロウィーン。混乱が予想される東京・渋谷駅周辺には警備のため昨年の4倍、800人の警察官が投入されるというが、「若者の乱痴気騒ぎを取り締まることだけが目的じゃない」と、警察関係者がこう続ける。

「25日にトルコ大使館前で起きたトルコ人とクルド系による乱闘の例もある。大勢の外国人も集まるハロウィーンならなおさらで、加えて、テロのリスクまで想定した警備態勢のようです」

“カボチャのお化け”に浮かれている場合じゃなさそうだ。軍事ジャーナリストの神浦元彰氏もこう言う。

「数千、数万の仮装した人が街中にあふれるハロウィーンは、テロリストにとって格好の“標的”です。お面をかぶれば、日本人か外国人かも分からなくなる。紛れ込みやすい上に、不審物を持っていても、それとはバレにくい。テロに限らず、強盗などの犯罪が多発する恐れもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る