渋谷駅は800人厳戒態勢…10・31「ハロウィーン」テロの脅威

公開日: 更新日:

 31日が本番のハロウィーン。混乱が予想される東京・渋谷駅周辺には警備のため昨年の4倍、800人の警察官が投入されるというが、「若者の乱痴気騒ぎを取り締まることだけが目的じゃない」と、警察関係者がこう続ける。

「25日にトルコ大使館前で起きたトルコ人とクルド系による乱闘の例もある。大勢の外国人も集まるハロウィーンならなおさらで、加えて、テロのリスクまで想定した警備態勢のようです」

“カボチャのお化け”に浮かれている場合じゃなさそうだ。軍事ジャーナリストの神浦元彰氏もこう言う。

「数千、数万の仮装した人が街中にあふれるハロウィーンは、テロリストにとって格好の“標的”です。お面をかぶれば、日本人か外国人かも分からなくなる。紛れ込みやすい上に、不審物を持っていても、それとはバレにくい。テロに限らず、強盗などの犯罪が多発する恐れもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  5. 5

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  6. 6

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る