観光客狙いのテロ増加も 「シルバーウイーク」の危ない旅先

公開日: 更新日:

 来月はシルバーウイークで、6年ぶりの5連休がある。海外旅行の予約も盛況だ。

 大手旅行会社JTB「海外パッケージツアー 人気方面ランキング」によると、1位カンボジア(前年同期比1933%)、2位タイ(同780%)、3位フィリピン(同666%)で、10位中8カ国がアジア圏。

 気になるのは先週、タイの首都バンコク中心部の繁華街で起きた爆破テロだ。観光客が狙われ、20人が死亡し、日本人1人を含む128人が負傷する大惨事だったが、1週間経った今も捜査は難航している。

■多人種でイスラム教徒が多い地域は要注意

 シルバーウイークにアジア圏に旅立つなら、注意が必要だ。テロや重犯罪に巻き込まれるリスクが高い地域はどこなのか。

「カンボジアでは今年2月、首都プノンペンの大通りで日本人女性が白昼に強盗に撃たれている。プノンペンでは、13年3月、9月と日本人が銃で撃たれる事件が相次いでいます。観光客の集まる歓楽街は要注意です。また、韓国は北朝鮮との関係悪化で、旅行関係者の間では、自爆テロが心配されています。現在、中朝国境は裏平壌と呼ばれ、出入りが自由な状況です。中国では偽造パスポートが売られていて、成りすましていくらでも入れますから」(旅行業関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る