大阪は葬儀費用を割引 運転免許「自主返納」で受けられる特典

公開日:  更新日:

 宮崎市内の繁華街で軽乗用車が歩道を700メートルも暴走し、男女7人が死傷した事故。自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで家宅捜索された鹿児島県在住の男性(73)は数年前から認知症の症状が表れ、過去にてんかん発作で倒れていたという。

 先日は80代男性ドライバーが北陸道を逆走して順走車と正面衝突し、4人が負傷した。交通事故の総件数は減少する一方で、65歳以上の高齢ドライバーが起こす事故はここ15年で倍増している。手立てはないのか。全国介護者支援協議会の上原喜光理事長はこう言う。

「個人的には、80歳を越えたら運転免許証を強制返納する制度を設けるべきだと思いますが、公共交通機関が発達してない地方では生活の足を奪いかねない。買い物や通院もままならず、孤立させてしまうリスクもある。自主返納を促すのであれば、まずは最低限の公共交通網を整えること。自治体がミニバンを走らせるだけでいい。安倍政権の売り文句は1億総活躍や地方創生なのですから、特区を活用するなどして地域社会にカネを回してほしいものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る