「背中から撃たれた」トルコに強硬発言続けるプーチンの本音

公開日:  更新日:

 トルコ軍がシリア国境付近でロシア戦闘爆撃機を撃墜したことで、中東情勢は混迷を極めている。VS「イスラム国」の国際協調体制に亀裂が入るのは間違いない。

 シリアのアサド政権を支援するロシアと、反政府勢力を支援する有志連合に近いトルコ――国際ジャーナリストで早大客員教授の春名幹男氏のコメントを参考に、複雑化する双方の立ち位置をおさらいしておきたい。

 ロシアはソ連時代の1980年にシリアと友好条約を結んでいる。シリア国内の地中海沿岸にはロシア海軍の基地がある上、兵器の売買を行うなど関係は深い。

「ロシアはエネルギー政策を巡り、シリアと良好な関係を維持することで中東でのプレゼンスを堅持したいのです。シリアとは古くからの友好国でもあり、反政府勢力を抑えることを最重要視しています」(春名幹男氏)

 トルコのロシア戦闘爆撃機撃墜について「テロリストの共犯者に背中から撃たれた」「このような犯罪を決して許さない」と強気な発言を繰り返すプーチン大統領。強硬姿勢の根拠は何なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る