• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「次はワシントンだ」イスラム国“名指し”の警告に米政府厳戒

「われわれは米国のワシントンを破壊するだろう」――パリ同時テロを主導した過激派組織「イスラム国」は16日、ネット上に動画声明を投稿し、新たな“標的”に言及した。

 約12分の声明は、「パリ作戦を行ったイスラム教徒の喜び」と銘打たれている。戦闘員を名乗る男が「十字軍の作戦に参加する国々に告ぐ。お前たちはフランスと同じ日を迎える」と警告。

 広報担当者も「次はより狡猾かつ強固なものになる」と語った。

 これまでシリアやイラクでの支配地域拡大を重視していたイスラム国が、01年に米同時テロを起こしたアルカイダのような国際テロ組織としての性格を強めていることが鮮明になった。

 イスラム国の新たなテロについては、米中央情報局(CIA)のブレナン長官も、ワシントンでの講演で「(パリで起きたテロは)イスラム国が進める唯一の(対外)作戦ではないと捉えている」と警戒感をあらわにした。さらに、米欧を狙った攻撃の阻止のため、米欧当局は情報共有などで「前例のない水準の協力」に緊急に着手する必要があると指摘した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る