紀伊国屋が村上春樹の新刊買い占め 「独禁法」クリアできるか

公開日:  更新日:

 あの紀伊国屋書店が村上春樹を買い占め――。こんなニュースが注目されている。

 話題の本は村上氏が9月10日に発売するエッセー集「職業としての小説家」。「スイッチ・パブリッシング」が刊行するもので初版は10万部だ。このうち9万部を紀伊国屋が買い取ったのち3万~4万部を自社で販売。残りをトーハン、日販などの取次会社を通して他の書店に流通させるという。

 目的は「アマゾン」などネット書店への対抗策と報じられている。紀伊国屋が買い取ったあとの残りは1万部。スイッチ社はこのうち5000部を販促イベント用に取り置くため、アマゾンには5000部しか渡らないことになる。買い取りのため紀伊国屋は在庫リスクを抱えるが、店頭への集客につながると判断したようだ。

 ずいぶん大胆な作戦に打って出たものだが、気になるのが「買い占め」だ。9割も仕入れた場合、独占禁止法に抵触しないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

もっと見る