米大統領に現実味 暴言王トランプ根強い支持3つの理由

公開日:  更新日:

 パリの同時テロ以降、世界中の政治家たちが「勇ましさ」を競っている。そこには声がデカいほど、戦闘的であればあるほど、大衆が支持するという危険な構図があるのだが、露骨なのが米国だ。

 来年11月の大統領選を前に共和党の候補者争いが激化しているが、案の定というか、過激な暴言王、トランプの支持率が急上昇しているのである。

 世論調査で定評がある米キニピアック大が2日、発表した調査ではトランプの支持率が3ポイント上昇し、27%になった。ライバルだったカーソン(元神経外科医)は16%で3位に後退。ブッシュ元フロリダ州知事は5%の圏外だ。2位はルビオ上院議員の17%だが、トランプとの差は10ポイントもある。

 FOXやABCの調査も同様で、なんだかトランプが行きそうな気配。米国で現地取材したジャーナリスト、堀田佳男氏は「パリのテロの前まではトランプ氏が勝ち抜く可能性はないと思ったが、いまや五分五分だと思う」と言うほどなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る