• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米大統領に現実味 暴言王トランプ根強い支持3つの理由

 パリの同時テロ以降、世界中の政治家たちが「勇ましさ」を競っている。そこには声がデカいほど、戦闘的であればあるほど、大衆が支持するという危険な構図があるのだが、露骨なのが米国だ。

 来年11月の大統領選を前に共和党の候補者争いが激化しているが、案の定というか、過激な暴言王、トランプの支持率が急上昇しているのである。

 世論調査で定評がある米キニピアック大が2日、発表した調査ではトランプの支持率が3ポイント上昇し、27%になった。ライバルだったカーソン(元神経外科医)は16%で3位に後退。ブッシュ元フロリダ州知事は5%の圏外だ。2位はルビオ上院議員の17%だが、トランプとの差は10ポイントもある。

 FOXやABCの調査も同様で、なんだかトランプが行きそうな気配。米国で現地取材したジャーナリスト、堀田佳男氏は「パリのテロの前まではトランプ氏が勝ち抜く可能性はないと思ったが、いまや五分五分だと思う」と言うほどなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  3. 3

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  4. 4

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

もっと見る