米大統領に現実味 暴言王トランプ根強い支持3つの理由

公開日:  更新日:

 パリの同時テロ以降、世界中の政治家たちが「勇ましさ」を競っている。そこには声がデカいほど、戦闘的であればあるほど、大衆が支持するという危険な構図があるのだが、露骨なのが米国だ。

 来年11月の大統領選を前に共和党の候補者争いが激化しているが、案の定というか、過激な暴言王、トランプの支持率が急上昇しているのである。

 世論調査で定評がある米キニピアック大が2日、発表した調査ではトランプの支持率が3ポイント上昇し、27%になった。ライバルだったカーソン(元神経外科医)は16%で3位に後退。ブッシュ元フロリダ州知事は5%の圏外だ。2位はルビオ上院議員の17%だが、トランプとの差は10ポイントもある。

 FOXやABCの調査も同様で、なんだかトランプが行きそうな気配。米国で現地取材したジャーナリスト、堀田佳男氏は「パリのテロの前まではトランプ氏が勝ち抜く可能性はないと思ったが、いまや五分五分だと思う」と言うほどなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る