政界に居場所なく 渡辺喜美氏に囁かれるまさかの民主党入り

公開日: 更新日:

「今後、本格的に活動を再開したい」と政界復帰宣言をした渡辺喜美元みんなの党代表(63)の動向に久々に注目が集まっている。東京地検特捜部が8億円の借り入れ問題を再度不起訴処分(嫌疑不十分)にしたことで、ようやくケリがついたからだ。

 議員バッジを失ってから1年、喜美氏は渋谷区松濤の家賃130万円の豪邸から三鷹市のマンションに引っ越し、8人いたスタッフも2人にまでリストラ。まめに地元・栃木に戻り、行事に顔を出している。

「みんなの党」が解党した今、最大の悩みは政界での“居場所”だという。昨年の総選挙に無所属で出馬して落選したため、所属政党を血眼になって探している。

自民党入りは栃木県連との関係が最悪なのでまずない。2カ月前、橋下徹氏と話し合いを持ったことから、おおさか維新の会からの出馬が有力視されていますが、喜美さんは松井一郎府知事と折り合いが悪く、難しそう。そこで今、模索しているといわれているのが民主党入りです」(元みんなの党関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  3. 3

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  7. 7

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  8. 8

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  9. 9

    コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

  10. 10

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

もっと見る