ブレる民主党 「年金機構宿舎問題」の“核心”をなぜ突かない

公開日: 更新日:

 どうにも「宝の持ち腐れ」って感じなのだ。日本年金機構が、もともと国有財産だった土地や建物をロクに使わず、遊休資産にしている問題。民主党は問題追及のため、この10日足らずの間に部会を3回開催。機構や所管の厚労省の担当者に質問を再三ぶつけても、かわされっぱなし。担当者たちも、腹の中で笑っているのではないか。

 とにかく民主党の追及は「ひと月の家賃が安すぎる」「職員宿舎の管理費に年金保険料を充てているのか」などとアチコチに分散し、国民の目にも何が問題なのか、分かりにくくしてばかり。

 国民の怒りが広まらなければ、役人たちはシメシメで、ノラリクラリと質問をかわしていればいい。

 何やっているのか、民主党は。国民の理解を得やすい“一点突破”の材料は手元にあるじゃないか。例えば、機構が抱える207施設の詳細がリストアップされた「日本年金機構保有宿舎の入居率及び宿舎使用料等一覧」だ。精査すれば、トンデモナイ「無駄宿舎」が次々と見つかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

もっと見る