ネットに殺害予告続々 飛び交う“トランプ暗殺説”の真偽

公開日:  更新日:

 アメリカ大統領選の「共和党」候補者指名レースでトップに立つドナルド・トランプの「暗殺説」が流れている。

 イスラム教徒によるとみられる「殺害予告」がネット上に次々に書き込まれ、トランプ陣営も警戒を強め、シークレットサービスが警護についているという。最新号の「週刊ポスト」が報じている。

 黒人のオバマ大統領が選ばれた時も、暗殺説が飛び交った。

 トランプはイスラム教徒や中南米からの移民を罵倒しているだけに、殺意を抱かれていても不思議ではない。暗殺の恐れはあるのか。国際ジャーナリストで早大客員教授の春名幹男氏はこう言う。

「あれだけ暴言を連発していれば、命を狙われてもおかしくはないでしょう。心配なのは、候補者指名争いの期間中は、どうしても警備が難しくなることです。候補者は支持者一人一人と握手せざるを得ませんからね。実際、過去の大統領選では1968年、ジョン・F・ケネディの弟であるロバート・ケネディが、大統領選のキャンペーン期間中に暗殺されています。共和党の候補者に選ばれてしまえば、警護もしやすくなりますが、指名争いがつづいている間は要注意です。ただ、暗殺説はトランプ陣営が意図的に流した可能性もあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る