• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ネットに殺害予告続々 飛び交う“トランプ暗殺説”の真偽

 アメリカ大統領選の「共和党」候補者指名レースでトップに立つドナルド・トランプの「暗殺説」が流れている。

 イスラム教徒によるとみられる「殺害予告」がネット上に次々に書き込まれ、トランプ陣営も警戒を強め、シークレットサービスが警護についているという。最新号の「週刊ポスト」が報じている。

 黒人のオバマ大統領が選ばれた時も、暗殺説が飛び交った。

 トランプはイスラム教徒や中南米からの移民を罵倒しているだけに、殺意を抱かれていても不思議ではない。暗殺の恐れはあるのか。国際ジャーナリストで早大客員教授の春名幹男氏はこう言う。

「あれだけ暴言を連発していれば、命を狙われてもおかしくはないでしょう。心配なのは、候補者指名争いの期間中は、どうしても警備が難しくなることです。候補者は支持者一人一人と握手せざるを得ませんからね。実際、過去の大統領選では1968年、ジョン・F・ケネディの弟であるロバート・ケネディが、大統領選のキャンペーン期間中に暗殺されています。共和党の候補者に選ばれてしまえば、警護もしやすくなりますが、指名争いがつづいている間は要注意です。ただ、暗殺説はトランプ陣営が意図的に流した可能性もあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る