ライバル猛追 米大統領選の民主“本命”ヒラリーなぜ大苦戦

公開日:  更新日:

 2月1日からスタートするアメリカ大統領選の候補者指名レース。トランプが支持率トップに立つ「共和党」に続き、「民主党」にも異変が起きている。民主党の“本命”ヒラリー(68)が、“泡沫”だったサンダース上院議員(74)に急追されているのだ。

 米政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」によると、最初の党員集会がある2月1日のアイオワ州の支持率は、ヒラリー46%、サンダース42%と大接戦。2月9日に予備選があるニューハンプシャー州は、ヒラリー42%、サンダース48%と逆転している。

 指名レースは、序盤で勝利した候補者が勢いに乗るケースが多い。2008年大統領選の民主党候補者選びでも、アイオワで3位に沈んだヒラリーは失速し、首位に立ったオバマが候補者レースを制している。今回も、サンダースが序盤で2連勝したら、そのまま突っ走る可能性がある。サンダースの強みは、若者から圧倒的な支持を得ていることだ。45歳以下に限るとヒラリーの2倍だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る