トランプ氏暴言の波紋 所有コースでの大会開催に「NO」が

公開日:  更新日:

 騒動は収まりそうもない。

 2016年の米大統領選共和党候補者指名争いでトップを走る不動産王ドナルド・トランプ氏(69)の差別発言が、ゴルフ界にも波紋を広げている。

 英紙インディペンデントは「全英オープンを主催するR&A(全英ゴルフ協会)が、スポンサーや外国人選手のボイコットを避けるため、(トランプ氏が所有する)ターンベリーでの開催を避ける方針」と報じた。その経緯について同紙は「(今月7日の)イスラム教徒の米入国禁止の発言によって、開催コースから除外するよう提案があった」としている。

 トランプ氏は昨年、09年の全英オープンの大会会場になった同コースを買収していた。

 R&Aは「性別、人種、国籍、宗教にかかわらず、平等に機会が与えられるべき」との声明を出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る