日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

株と為替ピタリ連動…1ドル=105円なら日経平均いくらに?

 株価の値動きが、ドル円相場とピタッと一致している。

「日経平均は円高になると下落し、逆に円安に振れたら上昇します。以前から、その傾向はありますが、この2月は異常なほどリンクしているのです」(市場関係者)

 日経平均が一時850円近くも暴落した今月12日は、ドル円相場が1ドル=113円台から、一気に110円台まで進行した。反対に、円安が急激に進んだ15日は、日経平均が1000円以上も急騰している。

「日本株はGDP成長率や中国株の下落などに反応しなくなっています。為替さえ見ていれば、株価動向を見誤ることはありません」(証券アナリスト)

 こうなると、今後の為替動向が気になるが、市場に不気味な臆測が流れている。現状から10円近い円高となる1ドル=105円は想定内だというのだ。株式評論家の倉多慎之助氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事