答弁で完敗続き 安倍首相が嫌う民主・山尾議員の“質問力”

公開日: 更新日:

 1日衆院を通過した2016年度予算案。年度内成立が確実になり、安倍首相は余裕しゃくしゃくらしい。その安倍首相が今、一番嫌っているのが、民主党の山尾志桜里議員(41)だという。衆院予算委員会で3回質問に立ち、3回とも安倍首相をタジタジにさせたことで、“天敵”と呼ばれている。

 2月29日の予算委で、山尾議員は安倍首相が待機児童の増加を「うれしい悲鳴だ」と言ったことについて発言撤回を要求。拒否する安倍首相を30分以上追い詰めた。

 1月には、首相の「パート25万円」発言を追及し、論点をはぐらかそうとする首相を許さず、たまらず首相が「こうしたことばかりやっていると、民主党の支持率が上がらないのではないかと心配になってくる」と言うと、「心配をしていただかなくて結構」とピシャリ。最後は「パートの実態をわかっていない。(国民の感覚と)ずれていることが一番の問題だ」とズバリ指摘して、ひるませている。政治評論家の伊藤達美氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  7. 7

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  8. 8

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  9. 9

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  10. 10

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る