数十人に総額2000万円…田母神氏が「運動員買収」認める

公開日: 更新日:

 政治資金を流用した業務上横領容疑で東京地検特捜部の強制捜査を受けている元航空幕僚長の田母神俊雄氏(67)が4日、疑惑を認めた。2014年2月に出馬し、落選した東京都知事選後に陣営幹部が運動員に報酬を渡していたとし、「当時は違法だという認識がなかった」などと釈明した。

 田母神氏の説明によると、都知事選後の3月、選対事務局長から報酬を支払う運動員らのリストを示され、総額2000万円に上った。数十人分の名前が並び、それぞれ5万~400万円の報酬金額が記されていたという。複数の運動員が特捜部の調べに「20万円を受け取った」などと受領を認めていて、公選法が禁じる運動員買収の疑いが強まっている。

 田母神氏の資金管理団体や代表を務める政党支部の14年分の政治資金収支報告書には、計5541万円の使途不明金が計上されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る