娘と5年以上別居父に親権 異例判決の裏に裁判所への外圧

公開日: 更新日:

 3月末、千葉家裁で下された画期的な判決が波紋を広げている。別居中の両親が娘(8)の親権と離婚を争った裁判で、娘と5年以上離れて暮らす父親に親権を認め、母親に娘を引き渡すように命じたのだ。このような前例はないという。

「単独親権」制度をとる日本では“監護の継続性”や“母性優先”を重視。虐待などの特別な理由がない限り、監護中の母親に親権を認めるケースが大半だ。そのため、別居や離婚を求める際、親権が欲しい母親は子供を連れて家を出る例が多い。もし、父親が連れ返しに行けば、「誘拐した」として逮捕されることだってある。

 要は“連れ去ったモノ勝ち”で、最近は父親が子供を連れて家を出るケースも少なくない。

 今回の判決が下った主な理由は、子供との面会交流を相手に認める日数。母親の「月1回」との主張に対し、父親は「年間100日程度」と提案したことが評価された。まさに“大岡裁き”と言っていい。父親の代理人を務めた上野晃弁護士はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  2. 2

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  3. 3

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  4. 4

    五輪に“感染爆発ピーク”直撃…ワクチン神話の崩壊、G7会場周辺「2450%増」の凶報

  5. 5

    民放首位「ドラゴン桜」キンプリ髙橋海人効果で逃げ切りか

  6. 6

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  7. 7

    石原さとみ「恋ぷに」打ち切りで元カレ山ピーと再共演浮上

  8. 8

    菅首相が目論む「同期のため」解散 10.21任期満了で永年在職表彰の“贈り物”を画策

  9. 9

    嫌韓層を意識?河野ワクチン大臣の交差接種「日本はやらない」発言が信じられない

  10. 10

    五輪運営関係者は観客ではない? 上手いこというね…なんていうわきゃないだろ!

もっと見る