日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

相談件数急増中…一見“優しそう”な「隠れDV男」の見分け方

 元モーニング娘。の加護亜依(27)を殴ってけがをさせた疑いで、会社役員の加護陽彦容疑者(47)が逮捕された。先月12日、自宅マンションで殴られた加護が警察に通報したという。2人は離婚協議中で、娘の親権を巡り揉めていたことが原因とも報じられている。陽彦は過去、交際していた華原朋美にも暴力を振るっていたことが明らかになっている。

 夫婦間、カップル間のDVは増加の一途だ。内閣府男女共同参画局によれば、「配偶者暴力相談支援センター」における相談件数は、最新で9万9961件(13年度)。前年度より約1万件増えている。10年前と比べると、約5万6000件増加(03年度、4万3225件)し、2倍超の数字である。被害者は圧倒的に女性。13年度のデータでみると、女性からの相談が9万8384件に上る。男性からの相談は1577件だ。加害者との関係は、ほとんどが配偶者だが、交際相手からの暴力が470件、元交際相手が138件届けられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事