日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

娘と5年以上別居父に親権 異例判決の裏に裁判所への外圧

 3月末、千葉家裁で下された画期的な判決が波紋を広げている。別居中の両親が娘(8)の親権と離婚を争った裁判で、娘と5年以上離れて暮らす父親に親権を認め、母親に娘を引き渡すように命じたのだ。このような前例はないという。

「単独親権」制度をとる日本では“監護の継続性”や“母性優先”を重視。虐待などの特別な理由がない限り、監護中の母親に親権を認めるケースが大半だ。そのため、別居や離婚を求める際、親権が欲しい母親は子供を連れて家を出る例が多い。もし、父親が連れ返しに行けば、「誘拐した」として逮捕されることだってある。

 要は“連れ去ったモノ勝ち”で、最近は父親が子供を連れて家を出るケースも少なくない。

 今回の判決が下った主な理由は、子供との面会交流を相手に認める日数。母親の「月1回」との主張に対し、父親は「年間100日程度」と提案したことが評価された。まさに“大岡裁き”と言っていい。父親の代理人を務めた上野晃弁護士はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事