• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年下の女性が出入り 田母神容疑者を狂わせた“愛欲の棲家”

 愛欲の日々がネトウヨのカリスマを蝕ませたのか。2014年2月の都知事選後に複数の運動員に現金を渡したとして公選法違反容疑で14日、東京地検特捜部に逮捕された元航空幕僚長の田母神俊雄容疑者(67)。すでに“閣下”には次の捜査の手が待っている。

「田母神容疑者は14年度の政治資金収支報告書に記載していた1億4000万円のうち、約5000万円を使途不明金として計上。そのうち少なくとも450万円を私的に流用したとみられています。東京地検は業務上横領の疑いも視野に、さらに立件する方針です」(捜査事情通)

 金の使い道にはオンナの影がチラつく。昨年末、かつての“ボス”を業務上横領罪で地検に告発した田母神事務所関係者がこう証言した。

■政治資金で年の差女性へプレゼント

「赤坂の高級クラブに行ったり、50代の愛人に数十万円のコートを贈っていました。妻との離婚裁判の費用に充てていたという話も出ています。これらは都知事選で支援者から募ったお金です。何を考えているのかと言いたいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

もっと見る