熊本地震とも連動と注目 「バヌアツの法則」って何だ?

公開日: 更新日:

 熊本地震以降、「バヌアツの法則」と呼ばれる地震発生を巡るパターンがネットを中心に注目を集めている。南太平洋に浮かぶバヌアツ諸島やソロモン諸島周辺で規模の大きい地震が発生すると、連動するかのように日本列島も大きな揺れに見舞われるというのだ。

 M6.5の「前震」が熊本を襲ったのは14日夜。一方、バヌアツではその10日ほど前から地震が頻発。3日にM6.9を、熊本地震発生直前の14日にもM6.0を観測した。

 確かに、符合する点はいくつもある。さかのぼれば、2011年8月の駿河湾(M6.2)と9月の岩手県沖(M6.6)、12年3月(M6.9)と12月(M7.3)の三陸沖。それに、15年5月の宮城県沖(M6.8)の2週間ほど前にバヌアツやソロモン諸島周辺でM6以上の揺れが起きていた。

 見過ごせない動きだが、関連はあるのか。琉球大名誉教授の木村政昭氏(地震学)はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  8. 8

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る