• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

児童ポルノは「持つだけでアウト」に 弁護士語る4つの注意点

 ビビった人もいたのではないか。

 女児の全裸画像のデータを所持したとして今月1日、那覇市の無職の男(21)が書類送検されたからだ。容疑は児童買春・ポルノ禁止法違反の単純所持。改正児童ポルノ法の猶予期間が過ぎ、児童ポルノを「単純所持」しただけで罰則が適用されるようになった7月15日以来、全国初の摘発となった。

 怖いのは摘発された“きっかけ”だ。先月2日に那覇市内のプールで、「子どもの写真を撮っている不審な人がいる」との通報があり、駆け付けた署員が男のスマートフォンを調べたところ、5~11歳の女児の全裸画像が見つかったという。警察は「単純所持」で捜査していたわけではなく、別件で調べていたら、偶然、女児の画像を発見したというわけだ。

「報道によると、誤認逮捕という事態を避けるために、警察は検挙してから送検まで1カ月かけて、単純所持罪の要件を吟味しています。単純所持行為のうち盗撮や性犯罪に結びつくような事案で検挙し、調べていて慎重に運用を始めた感じです」(多くの児童ポルノ事件を手掛けてきた奥村徹弁護士)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る