安倍政権が図る 「めぐみさん娘の訪日」で拉致問題幕引き

公開日: 更新日:

 日朝関係が動く兆候はあった。横田めぐみさん(失踪当時13)の父の滋さん(83)と早紀江さん(80)が今月、写真6枚を公開したのだ。14年3月にモンゴル・ウランバートルで孫娘のキム・ウンギョンさん(28)の一家と面会した際の家族写真だ。「一刻も早く被害者全員が帰国できるよう、強く政府にお願いしたい」とコメントを出した。

 朝鮮問題に詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏が言う。

「北朝鮮と安倍政権は拉致問題を幕引きしたいという点で利害が一致しています。しかし、何かしらの“結果”を出さないと、被害者はもちろん、世論も納得しない。それで検討されているのが、ウンギョンさん夫妻の訪日です。拉致問題の象徴的存在のめぐみさんの一件をこれで決着させ、一気にケリをつけようとしているのです」

 再調査開始の時と同じ流れだ。北朝鮮サイドが13年秋に北京の外交ルートを通じて日本側に接触し、日朝政府は水面下でやりとりを始めた。そして横田夫妻と孫娘の面会が実現し、5月のストックホルム合意につながった。

 02年の小泉訪朝時に官房副長官だった安倍首相は、拉致被害者5人の「一時帰国」に反対したような人間だ。家族の感情なんて眼中にない。政治利用をもくろんでも、ちっとも不思議じゃないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る