黒田総裁“失敗”認める 2%物価目標「2年程度で実現ムリ」

公開日: 更新日:

 やっぱり「バズーカ」は空砲だったということだ。

 日銀の黒田東彦総裁は20日、都内の私大で行った講演で、日銀が掲げる2%の物価上昇目標について「2年程度での実現はできなかった」と発言。当初目標の達成に“失敗”したことを初めて認めた。

 黒田日銀は13年4月に「2年で2%の物価上昇」を目標に異次元緩和(黒田バズーカ)に踏み切ったが、3年経っても実現していない。黒田総裁は期限を示した理由を「5年先なのか、10年先なのか、時期を定めないと実現に向けた政策が決まらない」と説明するとともに「プラス効果は十分にあった」とした。

 黒田総裁はまた、大規模な金融緩和に伴う株高などで富裕層の保有資産が値上がりし、貧富の格差が拡大しているのでは――との質問に対し「今の時点で所得格差は拡大していない」と反論。マイナス金利については「銀行の不安は薄らいでいる」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る