黒田総裁は億ション購入…日銀トップ3のお気楽セレブ暮らし

公開日: 更新日:

 普通預金に1000万円預けても、利息はたったの年100円。時間外にお金を1回下ろしただけで“赤字”になる。マイナス金利のせいで、庶民はしょっぱい暮らしを強いられているのに、当の日銀・黒田東彦総裁は最近“億ション”を現金でポンと購入したというから、嫌になる。

 黒田総裁は2013年3月に総裁に就任して以降も、東京・目黒区にあるURの賃貸住宅に住んでいた。ところが昨年12月に世田谷区に住所を移転。10月に、人気エリアの高級低層マンションを購入したのだ。

■セレブに庶民の痛みは分からない

 “銀行の銀行”のトップだから、“お車”で送り迎えだろうが、最寄り駅から徒歩3分、国道246号にもすぐ出られる。徒歩数分のところに、でかい公園も総合病院もあるという好立地だ。

「09年に分譲された91平方メートルの中古物件ですが、今でも軽く1億円は超えるでしょうね」(地元不動産業者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る