日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

1ドル=90円台すぐそこ…止まらぬ円高に日銀打つ手なし

 1ドル=90円台は時間の問題――。金融市場が緊迫している。

 5月30日に111円台半ばだったドル円相場は、3日に発表された米雇用統計が低調だったことから、一気に円高に振れた。3日のNY市場では、一時106円台半ばをつけ、わずか5日間で5円も円高が進行した。

「異常ともいえる円高ペースです。雇用統計の結果を受け、米利上げは遠のいたという読みが主流となり、ドル安・円高がモーレツに進みました。円高をストップさせる材料が見当たらないだけに、このまま1ドル=100円をうかがう動きになるかもしれません」(市場関係者)

 円高を加速させそうなイベントが米国で6日(日本時間7日未明)にある。FRBのイエレン議長の講演だ。この場で、利上げの先延ばしを示唆する発言があったら、円高はさらに進みかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事