英EU離脱問題 作家・黒木亮氏「無党派は現状維持を選ぶ」

公開日: 更新日:

 残留か離脱か――。英ロンドン在住の作家・黒木亮氏の見立ては意外に冷静だった。

「正直言って、世論調査はアテになりません。昨年の総選挙では政権与党の保守党の過半数獲得を予測できず、信用を失った。というのも、投票直前まで態度を決めかねている無党派層の動きを読み切れなかったためです。この層の動向が結果を左右するのですが、これまでの選挙結果を見る限り、無党派層は現状維持を選ぶ傾向が強い。ここにきて下馬評では、EU残留で決着するとの見方が広がっています」

 世論調査の結果は拮抗している上にバラバラだ。英紙デーリー・テレグラフでは残留支持が53%で、離脱支持の46%を上回った。一方、調査会社のユーガブは離脱44%に対し、残留42%(17~19日実施)。

 その上、この2社以外の他の調査も含め、10%前後の回答者がまだ態度を決めていないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  10. 10

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

もっと見る