浅野史郎氏が舛添氏に贈る 「知事職は命懸けより心がけ」

公開日: 更新日:

初動ミスで危機管理に失敗

 政治資金の公私混同疑惑で大炎上した東京都の舛添要一知事が21日、辞任した。海外豪華出張が問題視されてから3カ月。疑惑の核心である正月の家族旅行の真相は解明されないままだ。お茶の間も巻き込んだ舛添騒動の根っこは一体何だったのか。新都知事にはどんな人物を選べばいいのか。前宮城県知事で、都知事選に出馬経験のあるこの人に聞いた。

――テレビ番組で連日、舛添問題についてコメントされていました。一連の騒動をどう見ましたか。

 正直言って、舛添さんがやらかしたのはチンケなこと。巨悪じゃありません。UR(都市再生機構)をめぐる甘利前経再相の口利きワイロ疑惑とはスケールが違う。それなのに、「政治とカネ」が致命傷になったのは、初動ミスが原因です。

――確かに、すべて「問題ない」と言い放った最初の対応に違和感を持った都民は多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  8. 8

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  9. 9

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  10. 10

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る