• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

浅野史郎氏が舛添氏に贈る 「知事職は命懸けより心がけ」

初動ミスで危機管理に失敗

 政治資金の公私混同疑惑で大炎上した東京都の舛添要一知事が21日、辞任した。海外豪華出張が問題視されてから3カ月。疑惑の核心である正月の家族旅行の真相は解明されないままだ。お茶の間も巻き込んだ舛添騒動の根っこは一体何だったのか。新都知事にはどんな人物を選べばいいのか。前宮城県知事で、都知事選に出馬経験のあるこの人に聞いた。

――テレビ番組で連日、舛添問題についてコメントされていました。一連の騒動をどう見ましたか。

 正直言って、舛添さんがやらかしたのはチンケなこと。巨悪じゃありません。UR(都市再生機構)をめぐる甘利前経再相の口利きワイロ疑惑とはスケールが違う。それなのに、「政治とカネ」が致命傷になったのは、初動ミスが原因です。

――確かに、すべて「問題ない」と言い放った最初の対応に違和感を持った都民は多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  7. 7

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る