英EU離脱が引き金 “リーマン超え”世界恐慌へ3つの悪材料

公開日: 更新日:

 英EU離脱は、08年リーマン・ショックを超す世界恐慌の引き金になる――。金融市場で“衝撃情報”が飛び交い始めた。

 英国民投票から数日が過ぎ、日本の株式市場は落ち着きを取り戻してきたという指摘がある一方、これから始まる大暴落前の静けさに過ぎないといった見方も流れる。

「日経平均の動きは荒くなっています。28日も午前中に1万5000円の節目を割り込んだと思ったら、後場は一転、株高方向に振れた。29日も3日続伸し、前日比243円高の1万5566円で終えた。ちょっとしたニュースに敏感になっている証拠です。こんなときにEU離脱絡みの大きな悪材料が出たら、株価は一気に下落するでしょう」(市場関係者)

■中央銀行打つ手なし

 英国のEU離脱で、ドイツの銀行がデリバティブ(金融派生商品)で巨額損失を出したという情報が市場を駆け巡っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る