英EU離脱が引き金 “リーマン超え”世界恐慌へ3つの悪材料

公開日: 更新日:

 英EU離脱は、08年リーマン・ショックを超す世界恐慌の引き金になる――。金融市場で“衝撃情報”が飛び交い始めた。

 英国民投票から数日が過ぎ、日本の株式市場は落ち着きを取り戻してきたという指摘がある一方、これから始まる大暴落前の静けさに過ぎないといった見方も流れる。

「日経平均の動きは荒くなっています。28日も午前中に1万5000円の節目を割り込んだと思ったら、後場は一転、株高方向に振れた。29日も3日続伸し、前日比243円高の1万5566円で終えた。ちょっとしたニュースに敏感になっている証拠です。こんなときにEU離脱絡みの大きな悪材料が出たら、株価は一気に下落するでしょう」(市場関係者)

■中央銀行打つ手なし

 英国のEU離脱で、ドイツの銀行がデリバティブ(金融派生商品)で巨額損失を出したという情報が市場を駆け巡っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    今更札幌って…マラソン前代未聞の開催地変更案で世界の恥

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る