円急騰で自殺者続出か 英EU離脱でFX投資家“数千万円損”も

公開日: 更新日:

 英国のEU離脱が決まった先週24日、“人身事故”が大きな話題を集めた。午前中からJR総武線、京王井の頭線、阪急神戸線などで人身事故による運休や遅延が続出。離脱派の勝利が確定的となり、円相場が1ドル=99円台まで急騰した午後イチは、グーグルなどで「人身事故」の検索件数が急上昇した。実際にどれだけの鉄道自殺が発生したかは定かではないが、市場がパニックに陥った直後、多くの個人投資家たちが自殺を想起したのは間違いなさそうだ。

 とくに阿鼻叫喚の様相を呈したのが、外国為替証拠金取引(FX)の投資家たちだ。口座数は約660万と10年間で6倍に増えているが、為替が大幅に乱高下した24日は、数百万円、ひどい場合は数千万円以上の大損を被るケースが続出したという。ある男性投資家(42)が語る。

「リーマン・ショック時は1時間で1円の円高というスピードでしたが、24日は午前11時半すぎからの30分間で一気に3円超も急伸しました。FX会社には投資家に想定外の損失が及ばないようにする“強制ロスカット”の義務が課されているため、あらかじめ口座に入れた証拠金よりも損することはめったにありません。ただ、為替が急伸・急落して売買の取引が成立しないと、元金がマイナスになることがあります。24日は“あり得ない事態”が起きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  3. 3

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  9. 9

    ハイヒール登山!コロラド州最高峰に到した美女2人の笑顔

  10. 10

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

もっと見る