英EU離脱ショックの連鎖 1960年代世代を“三重苦”が襲う

公開日:  更新日:

 英国のEU離脱ショックに伴い、ネット上では「2018年卒」という言葉が飛び交っている。リーマン・ショック以降の就職氷河期が再来するのではないか、とビクビクしているのだ。そんなことになったら、1960年代生まれの世代こそ地獄だ。

 08年9月から始まったリーマン・ショックの時もそうだった。

 その年に内定をもらっていた学生(09年卒)は内定取り消しが続出して社会問題になったが、ギリギリ滑り込みセーフ。就職状況が一転したのは10年卒からで、就職率は前年比8%近く減の60.8%と、過去最大の落ち込みを記録した。

「10年卒は約7人に1人が就職活動をやり直すために留年したり、また、大学院に進学する学生も増えました。親にその学費を負担してもらえない学生は奨学金を借り、その返済に四苦八苦しています。いまの超円高・株暴落の状況を考えれば、企業は採用計画を見直すでしょうし、リーマン・ショック時を超える就職氷河期に突入する可能性がある」(経済ジャーナリストの岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る