英EU離脱ショックの連鎖 1960年代世代を“三重苦”が襲う

公開日: 更新日:

 英国のEU離脱ショックに伴い、ネット上では「2018年卒」という言葉が飛び交っている。リーマン・ショック以降の就職氷河期が再来するのではないか、とビクビクしているのだ。そんなことになったら、1960年代生まれの世代こそ地獄だ。

 08年9月から始まったリーマン・ショックの時もそうだった。

 その年に内定をもらっていた学生(09年卒)は内定取り消しが続出して社会問題になったが、ギリギリ滑り込みセーフ。就職状況が一転したのは10年卒からで、就職率は前年比8%近く減の60.8%と、過去最大の落ち込みを記録した。

「10年卒は約7人に1人が就職活動をやり直すために留年したり、また、大学院に進学する学生も増えました。親にその学費を負担してもらえない学生は奨学金を借り、その返済に四苦八苦しています。いまの超円高・株暴落の状況を考えれば、企業は採用計画を見直すでしょうし、リーマン・ショック時を超える就職氷河期に突入する可能性がある」(経済ジャーナリストの岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

もっと見る