トヨタ、日立…英EU離脱で減益リスク高まる激震企業25社

公開日: 更新日:

 英国のEU離脱が世界経済を直撃している。先週末(24日)の日経平均は1200円を超す大暴落となり、NYダウは600ドル以上も下落した。

「ただ、土日を挟んだことでマーケットは冷静さを取り戻しました。EU離脱は2年かけて進められるし、金融市場が短期間のうちに急変する恐れは低い。パニック売りは終わったと見ていいでしょう」(市場関係者)

 実際、週明け27日の日経平均(終値)は前週末比で357円高の1万5309円まで値を戻した。翌28日も小幅続伸し、前日比13円高の1万5323円で終え、兜町の緊迫度は薄れつつある。

 だが、真の英国ショックはこれからが本番だという指摘がある。

「本来のリバウンド相場だと、下げ幅の3分の1ほど値を戻します。1200円の大暴落だったら、一気に400円戻す。でも、27日はそこまで反騰しなかった。市場参加者は、さらなる下落を想定し『買い』を控えたということになります」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る