ブリーフ裁判官の意外な“素顔” 30年来の知人が証言

公開日:  更新日:

「毎日、白ブリーフをはいているのは確かですが、他人に迷惑をかけるようなことはしていない。むしろ、あんないい人はいませんよ」――こう話すのは30年来の知人という東京・東池袋の日本酒バー「酒母」のオーナー川北耕司さんだ。

 自身のツイッターに“SM写真”などを投稿、東京高裁長官から厳重注意を受け、ネット上でも大騒ぎになっている岡口基一裁判官(50)。

〈SMバーの女王様が店を閉めて飲みに来るんだよね。せっかくだからってことで俺が実験台になって縛ってもらいました〉〈(テレビの)途中でフル勃起する放送事故。ドM確定〉などの投稿が不適切とされたが、長官自ら目くじらを立てるほどなのか。

 岡口氏は大分県出身で、大分の名門県立高から東大に進学。卒業後、司法試験に合格し、水戸裁判所や福岡地裁、大阪高裁などで勤めた。昨年から東京高裁の判事となっている。10冊近く本を出版するエリートだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る