• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブリーフ裁判官の意外な“素顔” 30年来の知人が証言

「毎日、白ブリーフをはいているのは確かですが、他人に迷惑をかけるようなことはしていない。むしろ、あんないい人はいませんよ」――こう話すのは30年来の知人という東京・東池袋の日本酒バー「酒母」のオーナー川北耕司さんだ。

 自身のツイッターに“SM写真”などを投稿、東京高裁長官から厳重注意を受け、ネット上でも大騒ぎになっている岡口基一裁判官(50)。

〈SMバーの女王様が店を閉めて飲みに来るんだよね。せっかくだからってことで俺が実験台になって縛ってもらいました〉〈(テレビの)途中でフル勃起する放送事故。ドM確定〉などの投稿が不適切とされたが、長官自ら目くじらを立てるほどなのか。

 岡口氏は大分県出身で、大分の名門県立高から東大に進学。卒業後、司法試験に合格し、水戸裁判所や福岡地裁、大阪高裁などで勤めた。昨年から東京高裁の判事となっている。10冊近く本を出版するエリートだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る