• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブリーフ裁判官の意外な“素顔” 30年来の知人が証言

「毎日、白ブリーフをはいているのは確かですが、他人に迷惑をかけるようなことはしていない。むしろ、あんないい人はいませんよ」――こう話すのは30年来の知人という東京・東池袋の日本酒バー「酒母」のオーナー川北耕司さんだ。

 自身のツイッターに“SM写真”などを投稿、東京高裁長官から厳重注意を受け、ネット上でも大騒ぎになっている岡口基一裁判官(50)。

〈SMバーの女王様が店を閉めて飲みに来るんだよね。せっかくだからってことで俺が実験台になって縛ってもらいました〉〈(テレビの)途中でフル勃起する放送事故。ドM確定〉などの投稿が不適切とされたが、長官自ら目くじらを立てるほどなのか。

 岡口氏は大分県出身で、大分の名門県立高から東大に進学。卒業後、司法試験に合格し、水戸裁判所や福岡地裁、大阪高裁などで勤めた。昨年から東京高裁の判事となっている。10冊近く本を出版するエリートだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る