ブリーフ裁判官の意外な“素顔” 30年来の知人が証言

公開日: 更新日:

「毎日、白ブリーフをはいているのは確かですが、他人に迷惑をかけるようなことはしていない。むしろ、あんないい人はいませんよ」――こう話すのは30年来の知人という東京・東池袋の日本酒バー「酒母」のオーナー川北耕司さんだ。

 自身のツイッターに“SM写真”などを投稿、東京高裁長官から厳重注意を受け、ネット上でも大騒ぎになっている岡口基一裁判官(50)。

〈SMバーの女王様が店を閉めて飲みに来るんだよね。せっかくだからってことで俺が実験台になって縛ってもらいました〉〈(テレビの)途中でフル勃起する放送事故。ドM確定〉などの投稿が不適切とされたが、長官自ら目くじらを立てるほどなのか。

 岡口氏は大分県出身で、大分の名門県立高から東大に進学。卒業後、司法試験に合格し、水戸裁判所や福岡地裁、大阪高裁などで勤めた。昨年から東京高裁の判事となっている。10冊近く本を出版するエリートだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る