• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4度の挑戦で弁護士に 元G大阪選手が乗り越えた挫折と屈辱

 努力は必ず報われる――。この言葉を胸にサッカー選手から弁護士に転身した異色の元Jリーガーがいる。現在、大阪の摂津総合法律事務所に勤務する八十(やそ)祐治さん(46)である。

 Jリーグ元年の1993年に神戸大からG大阪に入団。1年目からMFとしてプレーし、今も現役を続ける三浦和良(当時ヴェルディ川崎所属、現横浜FC)と対戦した経験もある。

 そんな八十さんが法曹界を目指し始めたのは00年12月。当時JFL所属の横河電機で現役引退した直後のことだった。

「G大阪を2年でクビになった後は複数のJクラブを渡り歩き、最後に横河にお世話になったのですが、入社当時から一部社員から『お前はサッカー入社。サッカーしかしてない』と悪口を言われましてね。サッカーをしている時は雑音も我慢できましたが、現役を終えて関連会社に勤めることになると、『自分はこのままでいいのか』と思い始めました。それに大学卒業後のプロを含めた8年間は力を出せずモヤモヤとした悔しい時間でした。そんな気持ちもあったので、仕事をしながら日本で一番難しい司法試験に合格して、周囲を見返そうと思ったわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る