• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“自民王国”が上位独占 知事と住民との所得格差はケタ違い

 都道府県知事の昨年の所得が4日までに公開された。対象は昨年1年間を通じて在職した首長で、同年中に就任した山梨、佐賀両県知事は対象外だ。

 時事通信の集計によると、公開対象の45知事の平均所得額は1881万円。一方、厚労省の昨年の賃金構造基本統計調査によると、国内の主要産業に従事する労働者の平均年収は全国で304.0万円。一般的な労働者の年収の6・18倍が知事の所得の一応の目安になる。これを上回ると知事と住民の所得格差が大きいとも言えるわけだ。

 所得が最も多かった知事は、やはりというか、東京の舛添前知事で3075万円。前出の厚労省の調査によると、東京の平均年収は383.0万円だから、“格差指数”は8.02倍。平均を大きく上回っている。明らかにもらいすぎだろうが、上には上がいた。

 日刊ゲンダイ本紙が独自でまとめた格差指数ワースト20が〈別表〉で、額こそ2734万円と舛添氏より少ないが、岡山の伊原木知事の格差指数は9.73倍とダントツだ。これには株式配当などの給与(1874万円)以外の所得860万円が含まれるとはいえ、差は歴然。また、首都圏や大都市を除いて上位を占めるのが、群馬、和歌山、愛媛、宮崎と、いずれも「自民王国」と呼ばれる県だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る