• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“自民王国”が上位独占 知事と住民との所得格差はケタ違い

 都道府県知事の昨年の所得が4日までに公開された。対象は昨年1年間を通じて在職した首長で、同年中に就任した山梨、佐賀両県知事は対象外だ。

 時事通信の集計によると、公開対象の45知事の平均所得額は1881万円。一方、厚労省の昨年の賃金構造基本統計調査によると、国内の主要産業に従事する労働者の平均年収は全国で304.0万円。一般的な労働者の年収の6・18倍が知事の所得の一応の目安になる。これを上回ると知事と住民の所得格差が大きいとも言えるわけだ。

 所得が最も多かった知事は、やはりというか、東京の舛添前知事で3075万円。前出の厚労省の調査によると、東京の平均年収は383.0万円だから、“格差指数”は8.02倍。平均を大きく上回っている。明らかにもらいすぎだろうが、上には上がいた。

 日刊ゲンダイ本紙が独自でまとめた格差指数ワースト20が〈別表〉で、額こそ2734万円と舛添氏より少ないが、岡山の伊原木知事の格差指数は9.73倍とダントツだ。これには株式配当などの給与(1874万円)以外の所得860万円が含まれるとはいえ、差は歴然。また、首都圏や大都市を除いて上位を占めるのが、群馬、和歌山、愛媛、宮崎と、いずれも「自民王国」と呼ばれる県だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る