“自民王国”が上位独占 知事と住民との所得格差はケタ違い

公開日: 更新日:

 都道府県知事の昨年の所得が4日までに公開された。対象は昨年1年間を通じて在職した首長で、同年中に就任した山梨、佐賀両県知事は対象外だ。

 時事通信の集計によると、公開対象の45知事の平均所得額は1881万円。一方、厚労省の昨年の賃金構造基本統計調査によると、国内の主要産業に従事する労働者の平均年収は全国で304.0万円。一般的な労働者の年収の6・18倍が知事の所得の一応の目安になる。これを上回ると知事と住民の所得格差が大きいとも言えるわけだ。

 所得が最も多かった知事は、やはりというか、東京の舛添前知事で3075万円。前出の厚労省の調査によると、東京の平均年収は383.0万円だから、“格差指数”は8.02倍。平均を大きく上回っている。明らかにもらいすぎだろうが、上には上がいた。

 日刊ゲンダイ本紙が独自でまとめた格差指数ワースト20が〈別表〉で、額こそ2734万円と舛添氏より少ないが、岡山の伊原木知事の格差指数は9.73倍とダントツだ。これには株式配当などの給与(1874万円)以外の所得860万円が含まれるとはいえ、差は歴然。また、首都圏や大都市を除いて上位を占めるのが、群馬、和歌山、愛媛、宮崎と、いずれも「自民王国」と呼ばれる県だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  8. 8

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  9. 9

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  10. 10

    前澤氏と破局…剛力彩芽が目指すべきは上戸彩の「昼顔妻」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る