出張費「調整中」 黒岩・神奈川県知事も“リオ視察”に執心

公開日:  更新日:

 静岡県の川勝平太知事が、リオ五輪視察を見送る方向で検討中だ。リオ中心部のホテル代は便乗値上げで4倍以上に高騰。県が仮予約したホテルも1泊約8万円と規定(1万7400円)の4倍超となり、川勝知事は「行くべきでないというのが差し当たっての結論」と表明した。月末までに最終判断する。

 ここで素朴な疑問。そもそも、なぜ静岡県のトップがリオ五輪を視察する必要があるのか。

「4年後の東京大会で、伊豆市の施設が自転車の競技会場になります。東京五輪の成功に向け、現地の競技会場を見学するなど、関係者と調整する予定でした」(静岡県公聴広報課)

 同様の理由でリオに飛び立つ知事が、もうひとり。神奈川県の黒岩祐治知事だ。江の島が東京五輪のセーリング会場。さらに「現地で事前合宿の誘致活動を行う」(オリンピック・パラリンピック課)と“トップセールス”を強調する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る