出張費「調整中」 黒岩・神奈川県知事も“リオ視察”に執心

公開日:  更新日:

 静岡県の川勝平太知事が、リオ五輪視察を見送る方向で検討中だ。リオ中心部のホテル代は便乗値上げで4倍以上に高騰。県が仮予約したホテルも1泊約8万円と規定(1万7400円)の4倍超となり、川勝知事は「行くべきでないというのが差し当たっての結論」と表明した。月末までに最終判断する。

 ここで素朴な疑問。そもそも、なぜ静岡県のトップがリオ五輪を視察する必要があるのか。

「4年後の東京大会で、伊豆市の施設が自転車の競技会場になります。東京五輪の成功に向け、現地の競技会場を見学するなど、関係者と調整する予定でした」(静岡県公聴広報課)

 同様の理由でリオに飛び立つ知事が、もうひとり。神奈川県の黒岩祐治知事だ。江の島が東京五輪のセーリング会場。さらに「現地で事前合宿の誘致活動を行う」(オリンピック・パラリンピック課)と“トップセールス”を強調する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る