就任7年スルー…静岡県知事の海外出張54泊分が“上限超え”

公開日:  更新日:

 舛添騒動が、静岡県知事に飛び火している。川勝平太知事(67)は就任した2009年以降、ロンドン、ホノルル、ソウルなどに海外出張しているが、72泊のうち、4分の3に当たる54泊の宿泊費が条例の上限を超えていた。朝日新聞の情報公開請求を受けて、14日の定例会見で明らかにした。

 県の規定によれば、知事の海外宿泊費は、地域によって1万7400~2万9000円と上限が決められている。「やむを得ない事情」がある場合に限ってオーバーしてもOKというが、川勝知事は規定の2倍が14泊、3倍も4泊あったという。川勝知事は同日の会見で「すべて特段の事情があった」と釈明していたが、政治資金オンブズマン共同代表で神戸学院大教授の上脇博之氏はこう言う。

「川勝知事は先方の主催者から宿泊先を指定されたことを主たる“事情”として挙げていますが、理由になりません。指定のホテルが上限を超えていた時、『予算を超えているので他を指定してほしい』と申し出たのでしょうか。いま地方の財政は厳しい。多くの知事は財布の紐を固くして出張するのですが、驚きですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る