就任7年スルー…静岡県知事の海外出張54泊分が“上限超え”

公開日: 更新日:

 舛添騒動が、静岡県知事に飛び火している。川勝平太知事(67)は就任した2009年以降、ロンドン、ホノルル、ソウルなどに海外出張しているが、72泊のうち、4分の3に当たる54泊の宿泊費が条例の上限を超えていた。朝日新聞の情報公開請求を受けて、14日の定例会見で明らかにした。

 県の規定によれば、知事の海外宿泊費は、地域によって1万7400~2万9000円と上限が決められている。「やむを得ない事情」がある場合に限ってオーバーしてもOKというが、川勝知事は規定の2倍が14泊、3倍も4泊あったという。川勝知事は同日の会見で「すべて特段の事情があった」と釈明していたが、政治資金オンブズマン共同代表で神戸学院大教授の上脇博之氏はこう言う。

「川勝知事は先方の主催者から宿泊先を指定されたことを主たる“事情”として挙げていますが、理由になりません。指定のホテルが上限を超えていた時、『予算を超えているので他を指定してほしい』と申し出たのでしょうか。いま地方の財政は厳しい。多くの知事は財布の紐を固くして出張するのですが、驚きですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る