フィリピンで麻薬容疑者700人殺害…57万人出頭の騒ぎに

公開日:  更新日:

 まさに有言実行だ。

「葬儀場をヤクの売人の死体で埋め尽くしてやる」と“公約”していたドゥテルテ氏が大統領に就任したフィリピンで、ここ3カ月の間で、700人以上の麻薬密売人や違法薬物の使用者が警官などに殺害されたことが分かった。2日付の英紙ガーディアン(電子版)が、複数の人権団体の情報として報じた。

 またフィリピン国家警察が2日に発表したところによると、大統領に就任した翌日の7月1日から8月2日までに、違法薬物の容疑者402人が警官に現場で射殺された。この超法規的な麻薬取り締まりに震え上がった中毒患者や密売人ら約57万人が、当局に出頭する騒ぎになっている。

「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」など約300以上の人権団体やNGOは2日、ドゥテルテ氏の薬物取り締まりが国際規範を逸脱しているとし、国連機関に「容疑者殺害の扇動の中止を大統領に要求するように」と要請した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る