フィリピンで麻薬容疑者700人殺害…57万人出頭の騒ぎに

公開日:  更新日:

 まさに有言実行だ。

「葬儀場をヤクの売人の死体で埋め尽くしてやる」と“公約”していたドゥテルテ氏が大統領に就任したフィリピンで、ここ3カ月の間で、700人以上の麻薬密売人や違法薬物の使用者が警官などに殺害されたことが分かった。2日付の英紙ガーディアン(電子版)が、複数の人権団体の情報として報じた。

 またフィリピン国家警察が2日に発表したところによると、大統領に就任した翌日の7月1日から8月2日までに、違法薬物の容疑者402人が警官に現場で射殺された。この超法規的な麻薬取り締まりに震え上がった中毒患者や密売人ら約57万人が、当局に出頭する騒ぎになっている。

「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」など約300以上の人権団体やNGOは2日、ドゥテルテ氏の薬物取り締まりが国際規範を逸脱しているとし、国連機関に「容疑者殺害の扇動の中止を大統領に要求するように」と要請した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る