日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ほとんど完成でも…「築地大橋」は“事業費未定”の奇っ怪

 2020年の東京五輪の開催に合わせ、正式開通する予定の都道「環状2号線」の晴海~汐留間の整備事業。東京五輪では晴海の選手村と各競技会場を結ぶ“大動脈”に位置づけられている。

 11月7日に開場予定の豊洲新市場への幹線ルートでもあり、年内の新橋~豊洲間の暫定開通を目指し、築地市場の南側の裏出口を流用した仮設道路の工事をせっせと進めている真っ最中だ。

 当初は新橋から築地市場の地下を通り、隅田川を水中トンネルで抜ける計画だったが、07年に都市計画が変更。現在の築地市場の敷地内でトンネルから地上に出て、橋梁を渡って隅田川を越えることになった。

 東京都は是が非でも五輪に間に合わせようと、水産仲卸業者の半数を超える「移転延期」の声を無視。都知事が不在だった先月22日、築地市場の解体工事の請負業者をサッサと決めてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事