• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

焦点は10・23 小池都知事が計る“新党結成”のタイミング

「小池新党」をめぐり、マスコミが大騒ぎしている。小池百合子都知事(64)が「選択肢のひとつ」と発言。都内の地方議員が小池を囲む会合を開いたことで、にわかに急浮上しているのだが、ホントに「小池新党」なんかできるのか。

「小池知事とともに新しい都政を前進させる地方議員の会」と題した会合は10日に開かれ、約70人が参加。そのうちバッジを付けた区議や市議は40人ほどだった。都議会会派「かがやけTokyo」の3人による仕切りで、両角穣都議(54)が司会を務め、音喜多駿都議(32)と上田令子都議(51)が前座で都政報告。3人とも「みんなの党」の残党だ。両角議員は「新党発足前夜のような熱気に包まれている」なんてあおっていたが、出席者はどこか上の空だった。

 それが、主役の小池都知事が約20分遅れで会場入りすると、空気は一変。参加者はスマホやデジカメを取り出して、パシャパシャ。小池氏が「心に百合子グリーンを刻みながら、共に前に進んでいきましょう」などとテキトーなスピーチを終えると、盛大な拍手が沸き起こった。全員で記念撮影し、小池氏が「みなさまに名刺を差し上げま~す」と言うと歓声が上がった。「ほとんどの議員が小池知事とは初見のようなもの」(都政担当記者)というから納得だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  10. 10

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

もっと見る