TPP推進役がいまやゴルフ三昧 鶴岡大使の優雅な英国生活

公開日:  更新日:

 課題山積の臨時国会が26日始まった。「アベノミクス加速国会」とネーミングした安倍首相は、悪評ふんぷんのTPP批准に前のめりだが、秘密協定の全容はヤブの中だ。

 交渉を仕切った甘利前経済再生相はUR口利き疑惑でトンズラ。事務を統括した外務省の鶴岡公二首席交渉官は4月に駐英大使に栄転しているのだが、その優雅な英国ライフが現地紙に取り上げられ、問題になっている。

 鶴岡新大使の特集が組まれたのは、9月22日付の英高級紙フィナンシャル・タイムズ(FT)。カラー2ページで、16枚の写真付き。取材は8月中旬に大使公邸で行われたという。

 紙面に目を通した元レバノン大使の天木直人氏は言う。

「海外メディアの取材対応は政府広報の役割も担う大使の務め。それ自体は批判されるものではありませんが、内容もさることながら、タイミングが悪すぎます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る