甘利ワイロ事件 握りつぶした“黒幕”が事務次官昇格の仰天

公開日: 更新日:

 15日付の新聞各紙の隅に小さく載ったベタ記事に、見過ごせない人事情報があった。法務省の黒川弘務官房長(59)が事務次官に昇格するというのである。

 黒川新事務次官は、甘利明前経済再生担当相の口利きワイロ事件の際、野党から事件をを握りつぶした“黒幕”として名前があがった人物だ。民進党のプロジェクトチームが法務官僚を呼んでヒアリングをした際、「黒川さん、その辺りのラインですべてを決めているんじゃないか」と名指しされたことがある。果たして、この人事は法を歪めて政権に協力した論功行賞なのか。

 この人事発表の翌16日には、東京地検特捜部が甘利氏の元秘書2人を再び不起訴処分(嫌疑不十分)とすることを発表。あまりに絶妙過ぎるタイミングである。特捜部は「総合的に判断して(あっせん利得処罰法の)構成要件に当たらない」と説明しているが、元秘書2人は約1300万円ものワイロを受け取り、甘利氏本人も大臣室で50万円の現金をもらっている。これが犯罪でなくて何だというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神またお家騒動…矢野監督に危惧される金本氏の“二の舞”

  2. 2

    ゴーンに国外追放&暗殺の可能性 レバノン反政府デモ拡大で

  3. 3

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  4. 4

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  5. 5

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

  6. 6

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    鳥谷に移籍情報飛び交うも…掛布氏出馬で虎電撃復帰急浮上

  9. 9

    まるで掃きだめ…衆院決算行政監視委に“問題議員”がズラリ

  10. 10

    三菱重工業<上>創業の地「長崎」から造船の灯が消える日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る