慌てて全商品調査 “トクホの嘘”スルーした消費者庁の大罪

公開日:  更新日:

 慌てて取り繕っているとしか思えない。特定保健用食品=トクホの話。所管の消費者庁が28日までに、全1271商品の調査をやり直すよう、トクホを取り扱う211社に指示を出した。ウソの成分量を表示していた大阪市の会社が23日、1991年の制度開始から初の許可取り消しとなった問題を受けたものだが、何を今更だろう。

「トクホの許可は当初、4年ごとの更新制でしたが、規制改革で97年から“永久制”に。要するに一度許可されたら、その後はスルー状態だった。大阪市の会社は2年半も問題を放置、報告を怠っていましたが、裏を返せば、消費者庁もその間、何のチェックもしてこなかったわけです」(同庁番記者)

 実際、1271商品のうち市場に出回っている商品は? と消費者庁に問い合わせたら、「正確には分かりません」。つまり実態を把握できていない? 「そういうことになりますね。今回の指示はそうした実態調査の意味もあります」というから、心もとない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る